堤防イシモチ釣り ー相模川河口ー 9/22

 

ゆる~く朝マズメ狙い

 

2019.09.23(sun) ー平塚市相模川河口ー

連休だし釣りいくぞ
おでこ
おでこ
て~る
て~る
天気悪いからヤダよ

 

堤防ならすぐ撤収できるぞ
おでこ
おでこ
て~る
て~る
海は波が高くなるから危ないよ

 

じゃぁ相模川の河口ならどうだ?
おでこ
おでこ
て~る
て~る
まぁそれなら・・

てな訳で平塚市相模川河口へ。

 

明日午後からは台風の影響で雨風の予報。 限られた時間の中、朝マズメに狙いを絞ります。

上州屋で青イソメを買って現地に着いたら早速釣りを開始。 と言いたいところですが、仕掛けが無い”て~る”は渋々作ることに。

 

本日の仕掛け


幹糸5号・ハリス3号・針マルセイゴ12号

① ヨリモドシ
② 蛍光チューブ10cm・ハリス15cm
③ ハリス4cm
④ フック付きヨリモドシ
⑤ 小田原オモリ20号

これで釣れますように。

 

2:00頃、最初のアタリは”おでこ”!

危うく竿を持って行かれそうになるもなんとか阻止。 寄せてきた魚体は50cm近いフッコです!!

「すご~いっっ!」”て~る”が歓んだその時っ!

!? ・・・ あ”あ”~っっ!!

 

すまん、合わせがあまかった・・💧
おでこ
おでこ

 

タモIN直前で針が外れ痛恨のバラシ・・

まぁいつものことだけど、やっぱりもったいない。

 

このあとにまた釣れましたが残念ながらサイズダウン⤵️

25cmのセイゴくん。

エイなどの外道も含め、なんだかんだで夜は”おでこ”タイムでした。

 

夜が明けると、今度はここまでアタリゼロの”て~る”の時間。

 

下針に28cmのイシモチ! ブーブー。

 

上針で25cmのイシモチ! グーグー。

個体によって浮き袋から出る音も様々。

 

そして7:30、こちらのおちびさんを最後にアタリは遠のきました。 クークー。

その後は反応が無いのにエサだけがかじられます。  なんだか日差しも強くなってきた・・🌅

 

8:00過ぎ、エサとりの正体がヒイラギだということも突き止めたし、ここで”て~る”の釣りは終了。

天気予報(曇りのち雨)を信じて日焼け止めを塗らなかったので、先に車に撤収させてもらいます。

 

“おでこ”はもう少し頑張りましたが、反応は無くエサとりすらいなくなったため諦めて家路につくことにしました。

相変わらず釣果はしょぼしょぼですが、おつまみ程度にはなりそうです。

 

“て~る”のひとり言

 

“おでこ”の豆知識

イシモチは釣れたらすぐにエラの下部分を切り離して血抜きをすること。

これを怠ると味に天と地ほどの差がでるそうで、イシモチは特にそれが顕著だということです。

 

しっかり血抜きをしたおかげで身にはほとんど血が回っておらず美しい。

 

だからこそ出来るイシモチのお刺身。 うまっ♪♪♪

ほんのり甘みのある上品な味。 次回は昆布締めもいいかも。

 

セイゴとイシモチの塩焼き。

セイゴは身の味が薄く旨みが少ない感じですが、イシモチはほどよい脂と旨みがあってとても美味しい。 うまうまっ

イシモチについては引きもさることながら、その味もニジマスに似ている気がするのは私だけでしょうか?

それにしてもなかなかの美味でしたよ。

 

 

シェアする